恋人にお金を借りると関係が壊れるので消費者金融で

恋人にお金を借りると関係が壊れるので消費者金融で

「親しき中にも礼儀あり」と、いう言葉があります。

これは、どんなに信頼していても、どんなに愛情があったとしても、度が過ぎて礼を失することがないようにする戒めの言葉です。

ですから、どんなにあなたがお金に困っていたとしても、急な出費に困っていたとしても友達や恋人にお金を借りると関係がギクシャクしてしまいます。なぜなら、金銭が人間関係に絡むと今までのようにフェアな関係には戻れないからです。

友情や愛情を過信して、借金をするということは、今まで何年も何十年もかけて築き上げてきた関係を失ってしまうというリスクが伴うのです。

では、親も友達も恋人にもお金を借りることが出来なのなら、どのような方法があるのでしょうか。

それはカードローンでお金を借りるという方法です。

これなら恋人との関係がギクシャクすることはありません。

しかし、なかには消費者金融やカードローンでお金を借りるということにマイナスのイメージを持っている人がいるでしょう。利息が高いのではないのか、無理な取り立てにあうのではないなどの心配があるかとは思いますが、その心配は杞憂です。

消費者金融は利息は借りている期間が短ければ短いほど低く設定されているケースが多いですし、闇金などに手を出さない限り無理な取り立てをされることはありません。

それどころか消費者金融やカードローン会社によっては「30日間無利息」などといった無利息期間を設けている金融商品もあります。このサービスを利用すれば金利が低い銀行系カードローンを利用するよりお得といえます。また、消費者金融を利用することに恐怖を感じている女性もいるかと思いますが、レディースローンという商品もあります。これは、借り入れの申し込みから審査、貸し付け、返済まで女性社員が対応してくれるサービスです。これなら女性も安心してお金を借りることが出来ます。

以上のようなサービスを上手く利用して、友達や恋人にお金を借りることは避けたほうが良いでしょう。金の切れ目が縁の切れ目にならないように、即日融資や無利息期間を利用して急な出費に対応するのが賢明でしょう。

消費者金融以外でお金を借りる記事一覧

恋人にお金を借りると関係が壊れるので消費者金融で
恋人にお金を借りることは避け、金の切れ目が縁の切れ目にならないように、消費者金融の即日融資や無利息期間を利用しましょう。
友達にお金を借りるくらいなら消費者金融がよい
あなたがどんなにいい人でも、特に友達にお金を借りる事になってしまった場合、その友達からの信用度は減ってしまいます。カードローンでお金を借りたほうが利息だけでいいので、変な気遣い・無駄な時間・無駄な出費が無くなるので安心です。
母子家庭でお金が無いが子供に教育を受けさせるなら福祉資金貸付の活用を
母子家庭であってもある程度の水準の教育をしっかりと受けさせたい、けれどもお金が足りなくて困っているという場合にはこの母子福祉資金貸付制度を活用することをおススメします。
お金がどうしても必要な時、会社からお金を借りるという方法も
従業員貸付金制度と言う制度をしいている企業であれば勤め先からお金を借りる事が出来るのです。しかし数万円の小口融資を受けるのであれば消費者金融が大変おすすめと言えます。